2006年 12月 15日 ( 1 )

記憶と記録

d0103100_15272984.jpg

今日は熱が出て自宅でだらぁ~っとしているためにこんな時間に更新していたりするのだ(笑)
ぼ~っとしながらの文章だから自分でも何を書くのか分からないがなんとなく書いている

人の記憶は、結構いい加減なものだと思っている
記憶は見たとおり記録されるものではなく記録された後、時が経つにつれて・・・改竄される
その改竄の様も自分の都合のいいように・・・
これは決して悪いことではないとも思っている
何故なら、辛い事を辛いまま、その時の大きな衝撃を抱えたまま生きてゆくより少し改竄されてでも楽になった方がいい時だってある
また、記憶は言葉を変えると「想い出」という言葉にもできる
想い出・・・これは「自らを自らと確認することのできる大切な手がかり」なのだ
いい想い出を自分に都合のいいようにではあるものの「より良い想い出」にしながら生きてゆくこと
それはある意味「幸せな過去を」所有することにつながるのかもしれないのだ・・・
改竄方法は、その人それぞれの特性や性格によって大きく変わるのであるが
できることならば苦い想い出も良い想い出も自分を構成する大切で鮮やかなものでありたいと思う
写真も記憶色というものがあるらしい実際見たものより人間の記憶されるものは鮮やかに記憶されるらしい
ならば・・・想い出も鮮やかに憶えていたいものだなぁ・・・
しかもいい思い出だけを!(笑)

と、空を見上げてそんなことを思った

人気blogランキングへ←押してもらえるとランキングのポイント10て~んが加算されて運がよければ順位が上がるみたいです^^よろしくおねがいしま~す
[PR]
by oozorayo | 2006-12-15 00:00 | 空よ・・・