工場地帯の夜雲

d0103100_1072487.jpg

夜の工場地帯…一時流行った「工場萌え」ではないが
夜の工場地帯を眺めているのが好きだ
特に曇り空の時は、工場地帯の光が雲に反射し空は面白い色合いに転がる
現代のたたらばが見せる美しさがそこにある
d0103100_10113757.jpg

自然界では見ることの出来ない色合いの美しさ…夜の工場地帯を眺めていると綺麗だなぁと思う

色…人は何故色を認識することが出来たのだろうか
色を認識することが出来る生き物は思いの外少ないと聞く
そもそも、美しさを知るために色を認識できたのではないことはわかる
原始の先祖たちは生きてゆくために色を認識していたのだろう
そう…生きるために必要だったからこそ色を認識できたのだと思う
そして遥か時を超え、「生きるため」に使われていた機能も
暮らし方が変わった現代、副産物として「美しい」ということも
感じられるようになったのだろうか…
いや、もしかすると原始を生きた祖先達も空を見上げて
「美しい…」と、思っていたのかもしれないな

人間が色を認識できる機能を持っていて良かったなぁ…

と、空を見上げてそんな事を思った・・・
(コメントのお返事できてなくてすみません!m(_)mちゃんと全部読んでます ありがとうございます)

人気blogランキングへ←クリックしてもらえるとランキングのポイント10て~んが加算されて運がよければ順位が上がるみたいです^^よろしくおねがいしま~す

すみませんm(_)m頂きましたコメントは全て読んでおりますが
多忙期のためコメントのお返しができないときがあります
申し訳ありません!

*全ての文章および画像の権利は管理人oozorayoに帰属します。
管理人の許可なく全ての文、写真等を転載、複製、流用、引用等することを堅く禁じます。
また、管理人の許可の無い使用は個人の使用であっても堅く禁じます。
素材、背景としての使用もご遠慮ください



*********************************************
[PR]
by oozorayo | 2011-12-09 10:18 | 空よ・・・


<< 晴れと曇りのせめぎ合い 噴火口の如く >>