夕暮れ前の青空に

d0103100_1462566.jpg

気が付きゃ9月ですって!やぁねぇ~^^;
今はまだまだ暑いですけど、この後、だんだん秋になってゆき
その内、寒くなって・・・
季節は移ろいゆき一年が終わってゆく・・・
はぁぁぁぁぁぁ・・・なんだか早いですよねぇ

そんなこと言ってたらまたもや更新が途切れ途切れになってしまいました^^;

この間、別に寝てたわけじゃないんですよ^^;えぇえぇ
ボチボチと色んなことやって、色んなことを思い、色んなことを考え、色んなことに一旦の答えを出し
空を見上げて考えをまとめて・・・そんな風に過ごしておりました

そんな中で、今の自分の仕事について凄く考えることがありました
サラリーマンではない僕は、何でも自分でやり、自分で方向性を考え、自分で進んでゆかなくてはならない
一つの脳で考えられることの限界を新ためて知ったり
独りで出来ることの限界を新ためて感じたり
結果が出せなくて苦しくなったり、自分の力不足を痛感して
立ち止まりそうになったり・・・
そんな中で、自分はどれだけ今の仕事に一所懸命でいられているのか?を考える機会がありました

僕の仕事は、結果次第という側面が大きくありますが
その結果を出すためには多面的なアプローチが必要です(これはどの仕事も同じですかね・・・)
感性を研ぎ澄ませておくこと
基礎理論を学び論理的アプローチを実践で行えること、
他分野の理論を用いて自分の仕事の分野に応用してみること
道具を使いこなす上で特性を理解できていること
といったことを常に現場で行い

今取り組んでいる仕事が
公共性、必要性、貢献性、社会性、成長性などの概念に当てはめ
目的に正対したものであるか?などを考え

どのラインを使ってリリースしてゆくか?を考え

ようやく結果に結びついてゆく・・・

自分以外の力を借りて行う外的要素と
自分の中で結論を出してゆく内的要素の
二つの要素が僕の仕事にはあるのだが
この二つの要素のバランスは非常に重要だ
この二つの要素のバランスを高めてゆくため
常に努力してゆく必要がある

ただ、外的要素に関しては自分ひとりではどうなるものでもない
努力の使用の無い部分が多分にあるため
常に行える努力として内的要素の研鑽に重点を置き日々努力を行うことになる

この内的要素研鑽が厄介・・・良い結果を望むなら供給できるもの、生産できるものが
常に高いレベルのものであることが求められる
しかし、この「高いレベル」というものの基準はなんだろう・・・?と、悩む時がある
また、高いレベルと言われる仕事をするために何をどう努力するべきなのか?
その具体的手段は?具体的に掛かる時間は?具体的な費用は?
それを補うことによって何が変化し、何を得ることが出来何を失うのか?
更に、僕の仕事は眼に見える数値にすることが出来るのは最終的な売り上げ数値だけしかなく
またそれは中長期的展望で計測しなければならず
研鑽の効果を実感しづらい側面も持っている

即ち、短期的視点においては、なかなか変化、もしくは進化向上の結論が出しにくいのだ

そうなってくると、何に対しどう努力を行い、何をクリアすれば次のステップに進んだのかの実感が掴み辛く
常に迷いの中で仕事に取り組んでゆかなければならないことになってしまう
また、視点が僕一人の視点、即ち一つの脳で考えなければならないことから
思考が堂々巡りに陥りやすいことにもなる
この仕事は、非常に難しいな・・・と、思った

って・・・自分しか分らないことをつらつら書いてしまいまして申し訳ないです^^;

うんん・・・独りの限界ってなんて低いのだろう


と、空を見上げてそんな事を思った・・・(コメントのお返事できてなくてすみません!m(_)mちゃんと全部読んでます ありがとうございます)
人気blogランキングへ←クリックしてもらえるとランキングのポイント10て~んが加算されて運がよければ順位が上がるみたいです^^よろしくおねがいしま~す

すみませんm(_)m頂きましたコメントは全て読んでおりますが
多忙期のためコメントのお返しができないときがあります
申し訳ありません!
[PR]
by oozorayo | 2010-09-05 15:15 | 空よ・・・


<< 一過に思うこと 雲間の太陽 >>